着物を買うならネットショップが便利

日本独自の文化で、世界に誇れる物こそが着物です。その歴史は一番古いもので縄文時代にまで遡ります。そこから鎌倉時代や江戸時代と常に日本の歴史と共に歩んできました。昭和や平成にかけて、日常生活で着る物が和服から洋服に移り変わっていきました。そうして近年では着る機会が減ってしまい、晴着の様な扱いになり結婚式等で着るフォーマルや礼服の様になりました。ですが日本に古くから伝わる正月や成人式、七五三等多岐にわたって着る機会が多いです。また入学式や卒業式等にも着ていく事が可能です。日本の民族衣裳でもあるので、日本人の体格や顔に似合う様に出来ています。現代では専門店も昔と比較して数が少なくなっています。そこで簡単に買うならネットショップが種類も多く便利です。

用途に合わせて様々な種類があります

一言に着物と言ってもその数はまさに千差万別です。用途に合わせて専用の物を着る事も特徴です。黒留袖は既婚女性の第一正装です。裾に模様が入っており、背中と両後ろ袖前と胸元に合計五つの家紋が入っています。主な着用場面は結婚式において、新郎新婦の母親や仲人婦人、親族の既婚女性が着ます。一般的に広く知られているのが振袖です。これは未婚女性の第一礼装です。最大の特徴は可憐な絵羽模様です。これは模様が縫い目で切れず、一枚の絵の様な仕上がりです。長い袖も特徴の一つです。成人式や結婚等のフォーマルなパーティーで着用します。カジュアルに着る事を目的とした物も数多くあります。近年ではデニム生地を使用した風変わりな物もあります。浴衣は主に夏祭り等に着ていく事が可能です。

ネットショップの利便性について

前述の通り近年では専門店の数が少なくなっています。ですがそれと同時に既存の老舗メーカー等が続々とネット販売に進出して来ました。これにより購入者は家にいながら買う事が可能になりました。専門店が進出する前は、正規ルートではない粗悪品が横行していました。ですが現在では歴史のあるお店から正規のルートで高品質の着物の購入する事が可能になりました。ネットショップで購入すると実店舗で購入する場合に比べ値段が安いです。これは実店舗の場合人件費がかかる為です。他にも家にいながら数多く商品を簡単に見る事が出来る点も人気の理由です。店舗によっては気になった商品を取り寄せてから、実際に手触り等を確認してから購入する事が出来ます。型落ちの物等が大幅に値引きされて販売している事も多いです。

お仕立て上がり袋帯は2万9千8百円からです。 当社はきもの部門でもネットショップナンバーワンを目指し、すべてのきものファンのお客様に満足していただける品揃えを目指します。 お手元で品柄を確認後、仕立を依頼頂く場合は返送ください。 着物のファンの方に担当者別のコーナーを掲載して部類分けして販売しているので着物選びがよりしやすくなっているのが、他社との違いです。 「京都きもの市場」日本最大級の着物通販サイト!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加