夏物の着物を選ぶ時や着る時のポイント

夏物の着物と言えば浴衣をまず思い浮かべる人は少なくないでしょう。涼しげな浴衣は夏の風物詩ですが、その一方で、夏であっても昼に浴衣を着て歩くのはマナー違反という声もあります。浴衣は正式な場所に着て行くことはできません。実は夏には夏の和服があり、それは、絽や紗が一般的に着られています。 絽や紗は透け感のある織で、だいたい6月から8月に着られます。浴衣ではないので、昼間にも着ることができますし、礼装用の訪問着や喪服などを作る場合もあります。1枚持っておけば、真夏でも和服のおしゃれを楽しむことができるでしょう。 では、絽や紗を実際に購入したいと思った場合はどうしたらよいでしょうか。選ぶときにはどんなことに注目できるでしょうか。購入後着る時にはなにか注意しなければならないポイントがあるでしょうか。

絽または紗を購入する時のポイント

絽や紗を購入する時には、何に注意すればよいでしょうか。基本的には、袷の着物を購入する時と一緒で、着る機会のあるものを作るということです。もし、結婚式などに招かれているなら訪問着や色無地ですし、おしゃれ着として欲しいのなら小紋ということなるでしょう。 正絹のものは涼しくてよいのですが、最近では汗をかくことを考えて洗えるポリエステルで作る人も多くいます。ただし、ポリエステルは少し暑く感じるので、どちらにするかは予算や後の手入れ方法などを考えて選ぶことをお勧めします。 夏の草花のモチーフや流水などの柄で、色は淡い涼しげなものを選ぶと夏物らしくなりますが、濃紺や黒などもきりっとした印象になるので好まれています。呉服店などで反物を見せてもらい、自分の好みのものを見つけるようにして下さい。

夏物の着物を着る時の注意点とは

夏物の絽や紗を着る時には、なにか注意するポイントはあるでしょうか。まず、絽や紗は透けるので、長襦袢をきちんと着ることが大切です。麻や綿、ポリエステルなどで、絽や紗の下に着るものが販売されているのでそれを着用します。 また、和服のファッションとして、統一感を持たせることが必要です。草履やバッグ、半襟、帯締めや帯揚げなど、うっかり袷の時と同じものを使っていないでしょうか。小物類も夏用の物がありますので、あわせて揃えておくようにしましょう。 夏物だとは言っても、絽も紗もきちんと着ると洋服より暑く感じます。対策のために扇子や保冷剤などを持ち歩くとよいかもしれません。せっかくの和服のおしゃれですから、すこしでも涼しげに美しく着るために工夫をしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加